白ロムの修理について

白ロムは一般的に通信キャリアでの修理がききません。
もしくは高額な請求が行なわれることが多いです。
理由としては通信キャリアでの契約がすべて通信キャリアとの契約があり、また、契約で安く修理できるコースを利用していることがあるからです。
通信キャリアで買った端末でさえ、安く修理する契約があるか、保証期間で保証書がある場合でないと首里は安くすることができません。
そのため、白ロムの場合は通信キャリアではなく、修理専門業者に依頼する方が安いです。
特に白ロムの場合は海外製の場合もあるので部品調達が面倒な機種も存在します。
業者に依頼する際には一括で依頼することも部分毎に依頼することもできるのでお得なことが多いです。
特にガラスやケースについては予備パーツを販売していることもあり、自分で取り替えることもできます。
白ロムは安く購入することができるのがメリットですが、故障した際には自分で対応することが求められるので注意が必要です

白ロム修理を安くするポイント

白ロムの修理は3つの方法があります。
1つは通信キャリアで行なうことです。
この時の注意点としては契約がなければ受け付けてくれない場合が多いこと、また、費用はとても高くなることが多いことです。
通信キャリアで安くするためには契約をした上で端末ごとに修理費を安くするプランに入ることが必要であり、白ロムの場合は難しいことが多いです。
2つめは業者を使うことです。
白ロムであっても部品交換含めて対応してくれる業者が増えています。
通信キャリアが行なう場合に比べてもかなり安く行ってくれるのがメリットです。
ただし、部品交換によってはとても高くなる傾向があります。
3つ目は自身で行なうことです。
業者によってはロジックボードであっても販売している場合が増えています。
特にガラスについては交換部品、道具とセットにして販売してくれる業者もあり自分で交換することが可能です。
白ロムは修理保証がもともとありませんので自分で交換するという方も増えています

2016/1/21 更新