白ロムのルーターを購入してお得にネットをする

パソコンとスマートフォンのインターネットを同時に接続できるのがルーターですが、ここ数年でキャリア(大手携帯電話会社)を介さない白ロムとしても購入出来るようになりましたので格安simと呼ばれるMVNOが提供しているサービスのカードを白ロムに挿し込んでも利用可能になっています。
そのルーターは5千円~3万円の範囲でネットオークションで購入でき、別途購入したMVNOのsimカードを挿すと即日開通となります。
その際の注意点としては端末に合ったsimカードのサイズでなければ利用ができませんので、事前に必ずカードの大きさを確認しておくと良いでしょう。
なお、接続する機器が2台以上になると回線速度がゆっくりになる傾向があり、混雑時間帯(朝夕)はさらに速度が遅延する可能性が高いので2台以上の使用を避けた方が賢明です。
ちなみに、白ロムの補償に関してはMVNOの独自サービスとして行う業者も増えており、万が一に起こる可能性のある故障が心配の場合は補償サービスに加入しておくと良いでしょう。

ルーターの白ロムは利用価値があるか

白ロムといえばスマートフォンやガラケーだけと思われがちですが、ルーターについても白ロムが多数販売されています。
ルーターについては通信キャリアで割引率が大きい商品でしたが、使い勝手もいいことから白ロムとしての販売数が少なく人気商品になっています。
ルーターについてはいくつか注意したい点があります。
一つは対応している周波数と通信速度がまったく異なる商品が多いことです。
通信キャリアは速度改善のために多くの機種を半年程度でアップデートしていますが、ルーターについては特にアップデートが早いので購入した時期によって対応していない通信速度のサービスがあったりします。
また、白ロムとして販売されている場合でもSIMロックは解除されていないのが通例なので注意が必要ですが、スマートフォンに比べてSIMロック解除できる機種が多いので逆に売りたい場合にはロックを解除しておくと買取金額が上がることが多いので覚えておきたいポイントです

Favorite

最終更新日:2016/1/21